4歳の子供へのクリスマスプレゼントは、3歳までのものと大分変わってきます

4歳の子供へのクリスマスプレゼントは、3歳までのものと大分変わってきます。
それまでのプレゼントは親の意見が大きく反映され、知育になるものなどが大半だったのではないでしょうか。

しかし、テレビで見るようなキャラクターものをすっかり理解できる年齢に達しましたので、これからはプレゼントも具体的な内容を要求してきます。
親としては、まだまだ知識に繋がるようなものをクリスマスプレゼントとして贈りたいところですが、物事が分かるようになってきた4歳の子供は、自分の選んだものでなければ納得しません。

また、この年齢ともなると、自分の主張をきちんと述べるようになりますので、よほど修正しなければいけないようなものでもなければ、本人の希望を叶えたいのが親心だとも言えます。
しかし子供ですから、せっかく買ったクリスマスプレゼントもすぐに飽きてしまうことが考えられます。

おもちゃは高価な買い物ですので、買う前にきちんと子供と話し合う必要があります。
貰ったプレゼントは大切にすることやきちんと片付けることなど、各家庭のルールで決まり事を作るのです。

そして、子供がそれらの約束をきちんと守るように、親としてもしっかりと見ていかなければいけません。

その延長に、誕生日プレゼントや、お年玉をあげる基準が出来上がります。
また、今はまだクリスマスの魔法をかけてあげている状態ですが、物事が分かる年齢になったら、誰がどんな思いでプレゼントを贈っていたのかに気が付いてくれることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ