クリスマスプレゼントの相場は、小学生から大人まで平均すると1〜3万円程度です

クリスマスは多くの人にとって、1年で最も大きなイベントといえます。
ほとんどのカップルが食事を共にして聖なるイブを祝い、お互いにプレゼントを贈りますし、子供が小さな家庭では、ケーキやチキンに舌鼓をうった後、サンタさんのプレゼントを楽しみにしてなかなか眠れないことでしょう。

クリスマスのメインはやはりプレゼントになりますが、その相場はどれくらいなのでしょうか。
恋人同士の場合、若いカップルがほとんどですので毎年あまり多くのお金をかけるわけにはいきませんが、大体1〜3万円程度が最も多い価格帯となっています。
しかし、女性が男性に期待するクリスマスプレゼントは5〜6万円が最も多いという統計も出ており、クリスマスというイベントに対する熱意と、金額に対する感覚における男女差が垣間見えます。

ちなみに、実際のプレゼントの金額は男性よりも女性が1万円程度少ないのが一般的です。
家族の場合は、子供が小さいうちはおもちゃやお菓子なので数千円どまりがほとんどですが、小学生に上がる頃からゲーム機や自転車、バッグや服など、年に一度のおねだりに力が入るようになり、1〜2万円の価格帯に上がります。

ある程度成長したら子ども自身の好みがはっきりしてくるため、プレゼントをやめたり、現金にしてしまう家庭がほとんどです。
子供が成人して両親に贈る時は、現金や品物など、贈るものもまちまちで、金額も所得や家族構成によって大きく異なってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ