誕生日メールを送信する際は顔文字を付けて送ろう

パソコンや携帯電話を使っている中で、誕生日祝いのメールに顔文字を付けて送る人は少なからずいるのではないでしょうか。
そもそも顔文字とは、文中に文字の中において表情を持った顔のように見える文字で、これを使用することで喜怒哀楽といった気持ちを表せます。

今や携帯電話などの機器が使用されるのは当たり前とも言える時代となっており、この顔文字も携帯電話の普及と共に一般的に使われるようになりました。

1年に1度しかない大切なバースデーに顔文字付きのメールを送れば、受け取る側は送った人の顔は直接見られなくても、様々な表情が付いた文字によってより相手の気持ちが読み取りやすくなります。

また、送る相手が家族や仲の良い友人、学校の先輩、会社の後輩など、受け取る側との関係によって、文字の表現の仕方が細かく変えられるなど使いやすい点もポイントです。

表情付きの文字の種類には、泣いたり怒ったりといったものも見られますが、年に一度のバースデーですから、笑っていたり喜んだりしているものを使用しましょう。
自分で文字を組み合わせて作っても良いですし、難しそうな場合はネットで検索すれば沢山の種類が出てくるので、探してみるのも一つの手です。

このような顔文字付きの誕生日メールを送る際には、早朝や深夜ですと相手が寝ていて気付かない可能性があるので、当日の日中に送信するのがベストでしょう。
大切な人の誕生日には、受け取る側に表情が伝わりやすい顔文字付きメールを送ってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:誕生日プレゼント

このページの先頭へ