星座早見表を使って誕生日の星座を知る

世の中にある占いの中では、星の動きを見て運勢を占う占星術が高い人気を集めています。
一般的には誕生日から割り出した「太陽星座占い」が知られており、これは誕生した日に太陽が黄道十二宮のどの宮にあるかを見て、性格や相性などを占います。

星占いとも言い、雑誌やテレビ番組の占いコーナーや、喫茶店などに置いてある星占いの機械などで広く普及しています。ここでの星座とは占星術での「宮」の事で、夜空に浮かぶ星座とは異なるもので、この宮は12の区分に分かれており、それを夜空の星座で近いものを当てはめたのが星占いで使う12星座です。

12星座の種類は「おひつじ座」「おうし座」「ふたご座」「かに座」「しし座」「おとめ座」「てんびん座」「さそり座」「いて座」「やぎ座」「みずがめ座」「うお座」となっています。

自分の誕生日がどの星座に属しているかを知るには、星座早見表を見るとわかりやすいです。
占いのコーナーでは表を載せている場合が多いので、そこで確認しましょう。
星座の区分の他、12星座を性質ごとに分けることもあります。

性質を地球上の重要な元素に例えて「火」「土」「風」「水」の4つに区分し、火の星座はおひつじ座、しし座、いて座で、土の星座はおうし座、おとめ座、やぎ座、風の星座はふたご座、てんびん座、みずがめ座、水の星座はかに座、さそり座、うお座です。

火の星座であればその名の通り情熱的で活発、土の星座なら堅実な性格と言われ、星占いは占いの中では比較的とっつきやすいので、一度触れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:誕生日プレゼント

このページの先頭へ