365日それぞれ違う種類の花が割り当てられている誕生花を贈れば、特別感を演出することができます。

誕生石は、生まれ月ごとに割り当てられているため12種類しかありません。
したがって、個性的なプレゼントという観点からは、石のカットやリングの種類などで差別化を図る必要があります。

また、宝石なので、それなりに親密な関係の相手でないと贈り物としてふさわしくないということも言えます。
付け加えるならば、石の種類によって値段にかなりの開きがあるため、誕生月によって不公平感があるというデメリットもあります。

もちろん、特別な相手にはかなり効果の高いプレゼントであることは間違いありませんが、もっと気軽に、好意をもった相手に贈るプレゼントの選択肢としては、誕生花をお勧めします。
こちらは365日にそれぞれ違う種類の花が割り当てられているものなので、気軽なプレゼントであるにもかかわらず、単に花を贈るのに比べてとても親近感や特別感を増加させられるというメリットがあります。

花を贈るという行為は日本ではそれほど一般的ではありませんが、実はプレゼントとしての花にはさまざまなメリットがあるのです。
まず第一に、後に形として残らないため、プレゼントするたびにいつでも新鮮な効果を与えることができます。

そして、何かの記念日に合わせて手軽に贈ることができるため、プレゼントの回数を増やせるという効果が期待できます。
実は、このことはかなり有効なのです。

高価な贈り物を頻繁にすることは相手にとって余計なプレッシャーになってしまうことがありますが、花であれば貰う側もそれほど心理的な負担がなく、なおかつ、誕生日に合わせて贈るという合わせ技を使うことで特別感を演出することもできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:誕生日プレゼント

このページの先頭へ