相手との関係に応じて誕生日のメッセージを変えてはいかがでしょうか。例とともにご紹介します。

大切な人の誕生日は、私たちにとっても特別な日です。
そんな私たちの喜びを心に留めておくのはもったいないことですので、せっかくですから、大切な人にメッセージで伝えてはいかがでしょうか。

しかし、人間関係は多様ですから、喜びを思いのままに綴ってよい相手である場合もあれば、礼儀や節度を重視しなければ問題が生じかねない相手の場合もあります。
伝えるメッセージのニュアンスを相手によって使い分ける必要があるでしょう。

例えば、家族や友人など気の置けない相手に喜びを伝えるなら、「誕生日おめでとう。あなたが生まれてきてくれてとても嬉しい。いつもありがとう。これからも元気でいてね」というように、ストレートに気持ちを綴って構いません。
メールの場合は絵文字を多用することも効果的です。

しかし、上司や先輩など目上の方に伝える場合は、『謹んで〜〜様のお誕生日をお慶び申し上げます。これからも〜〜様のご多幸をお祈りしております。』と節度を保って控えめに表現するのがベストです。

メールの場合は、失礼にならないように絵文字の使用は控えましょう。
喜びの気持ちを表現するには色々な言い方があります。
しかし、言い方を誤れば、相手の方を不快にさせてしまい、その結果大切な人との人間関係がぎごちなくなってしまうかもしれません。

それでは本末転倒になってしまいます。
せっかくですから、表現方法を適切に使い分けて、あなたの大切な人たちに気持ちよくメッセージを受け取ってもらいましょう。
あなたの気持ちも、相手の気持ちも大切にしませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:誕生日プレゼント

このページの先頭へ