天皇誕生日は、今上天皇の誕生日である12月23日が現在の国民の祝日となっています

歴史を遡ると、775(宝亀6)年の光仁天皇の時代、天皇の誕生日である10月13日に天長節の儀が執り行われたとの記録が残っています。
天長節は、唐の玄宗皇帝の誕生日を天長節として祝ったことに由来しているものです。

1868(明治元)年11月6日(旧暦9月22日)、明治天皇の誕生日を天長節として祝った際に、国民の祝日として正式に決まりました。
翌年の天長節には、各国公使を延遼館に呼び寄せ、盛大な祝賀会を催しています。
そして、1873(明治6)年の太陽暦採用に際して、日付けを11月3日に変更されました。

大正期には、明治天皇祭(先帝祭)として残っていましたが、昭和前期から第二次世界大戦後までは、明治節として存続し、その日は、現在の文化の日にあたります。

昭和に入り、昭和天皇の誕生日である4月29日が天長節となり、第二次世界大戦後の1948(昭和23)年に祝日法が制定されて、天長節ではなく天皇誕生日として国民の祝日に定められました。

現在は、昭和天皇が崩御されて平成になったことにより、今上天皇の誕生日である12月23日が天皇誕生日となっています。

昭和天皇の誕生日であった4月29日は、長い間ゴールデンウィークを構成する祝日のひとつでもあったことから緑の日として残っていましたが、2007(平成19)年の祝日法の改正により、激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす記念の日として、昭和の日と改称されました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:誕生日プレゼント

このページの先頭へ